MOV village / コーディングスクール

みなさんこんにちは、おすぎです。

programming_top

今回は、この写真に写っている、MOV内で開催中の「コーディングスクール」の紹介をしたいと思います。ご覧のとおり、若いメンバーさんたちが先生になっているところに、MOVらしさが出ています。

 

コーディングスクール、初回はこんな感じでした。(ちょっとぎこちない…?)

programming_01

動き出すきっかけは、4月某日。
「プログラミング教えてほしい!(MOVスタッフ)」
「5人くらい集まれば、教えますよー(先生/プログラマー)」
「じゃ、まずは3人くらいからやってみよう!(MOVスタッフ)」という会話から。

勢いでスタートを切ったので、初回の参加者は先生とMOVスタッフの生徒2名のみ。かと、思いきや、たまたま通りかかって興味を持って下さったメンバーさんが飛び入り参加!少し賑やかに(っほ)。初回の授業は、インターネットやwebってどんな仕組みなの?という基本の話からスタートし、ある程度概要を理解したら、さっそく実践。当面の課題は、「HTML/CSSで、MOVのブログページのトップ画面をそっくりそのまま書く」。

続く第2回目は、初回に飛び入り参加された方がレギュラーメンバーになり、生徒が3名に。この日はCSSをメインに学習しました。個人的には、この授業をきっかけに、コーティングに対する学習意欲がスパーク!(時間外でも自習をするほどにハマりました。)

第3回目は、生徒兼非常勤講師のメンバーも増えて、参加人数は6名に。新メンバーの2人は、それまで私たちがHTMLとCSSを学びながら、2,3週間かけて作っていたサイトの“見た目”部分を1時間程でぱぱっと作ってしまいました。(さすが!)この回からは、それぞれの進み具合にあわせて、作業や自習をしつつ、わからないところがあれば近くにいる先生たちに質問をする授業スタイルになりました。

programming_03

第4回目は、ついに「MOV village(★)」企画としてミーティングルームでスクールを開催しました。この日の参加者は、最多の7名で、各自のペースに合わせた、新たな課題が出されました。それまでに学んだことを、思い出しながら作業を進め、各々のペースで続いていきます。

programming_02

1,2週間に1回のペースで開催しているコーディングスクールは、これまでに11回開催しました。個人的な会話から生まれた集まりが、偶然居合せた人の目について、メンバーが増え、少しずつコミュニティが大きくなってきています。参加しているメンバーの職種は、プログラマー、カメラマン、商品企画のプロ、イラストレーターと、さまざまで、その生徒(と、言っても大の大人)たちが、年齢的には一番若い先生たちの話を真剣に聞き、学び、質問をしているところが、MOVならではの学び場スタイル。

programming_ayumi
(おまけショット)授業前に課題に取り組む、あゆみさん。

(★)
MOV villageとは、月額メンバー以上の方が村長となって主催する、
<MOV を利用するメンバーさん同士のコミュニティづくりを目的とした活動>です。
「おもしろいアイディアをシェアしたり、他の人の意見を聞いてみたい。」
「趣味をテーマに、マニアックな情報交換をしたい。」
「のんびり同年代の人と話してみたい。」
などなど、何か思いついた村アイディアがあれば、スタッフまでお声掛けください。

Sugiyama

コメントを残す