HISTORY OF MOV PARTY (M:P-1)

突如始まったこのブログ。真面目な感じで始まったので
私もそのモードに引きずられます。
ビールと音楽があれば、大抵は楽しくなれるスタッフの河上です。
MOVでは2ヶ月に1度、メンバーの皆さんが
お互いを知る”きっかけ装置”として、パーティを開催しています。
MOV PARTY、略してM:Pは2012年のオープン当初から数えると
前回の8月で18回目。(2015年9月現在)
日本国民に惜しまれながら、幕を閉じた『笑っていいとも!』の
毎週のゲームを考える人を心から尊敬していた私ですが、
毎回スタッフ総動員で、テーマ、ドレスコード、
アクティビティを考えています。
せっかくの機会なので、今までのM:P歴史を振り返り、
どんなことをして、何が盛り上がって、
何がそうでなかったか(汗)など、ソーシャルなイベントをこれから
開催する方々などに役立つような情報を
お届けできればと思います。
さっそくですが、今回はM:P-1を振り返ります。
「Mから始まるテーマにしていこう」と最初にハードルを上げた私たち。
第1回目の詳細は以下のとおり。
テーマ:「MISSION POSSIBLE」
ドレスコード:サングラス
600x800MP1-tom-in-MI
お気付きでしょうが、映画MISSION IMPOSSIBLEをもじった今回。
BGMは映画のテーマ曲。
ドレスコードもトムクルーズをイメージしてサングラス。
しかしスタッフ含め、MOVメンバーズもやや緊張気味。
サングラスを装着したメンバーズ/エージェントたちが、
静かに正面を向いて座ってパーティ開始を待っているという
シュールな光景でした。
800x600ぎこちない雰囲気
アイスブレイキングには他己紹介を行いました。
一番近くにいるエージェントと2分間、お互いの情報を交換します。
その後ペアは崩さず、30名の参加者は3チームに分かれ円に。
順番に30秒ずつ、先ほどペアになったエージェントの情報を
チームの皆さんにシェア。
その後は7名の方のMISSION(お仕事)プレゼンテーション。
(4名→食事→3名。)
10枚のスライドを事前に用意して頂き、
各スライドが20秒で自動的に切り替わる設定に準備。
200秒のプレゼンのスタート。
800x600プレゼン
みなさんのバラエティに富んだMISSIONをご紹介を頂き、
あらためて、MOVという場の可能性を感じられた時間となりました。
まだまだ堅い感じは否めない第1回。
「トライ&エラーが楽しくできる場として、色々挑戦していこう。」
そんなMISSIONを心に刻んだエージェント河上でした。
800x600歓談タイム
アーカイブはこちらから。

コメントを残す