mov outside!

こんにちは、am10:00にはいつも腹ペコ。おすぎです。

先日、MOVメンバーのTaoさんとTrentさんが運営する『Tadaku』のイベント、「TADAKUで春の食卓、世界の食卓」に参加しました!
Tadakuとは家庭料理を教えてくれる外国人先生(ホスト)と、学びたい人をつなげるプラットフォームです。普段は数あるクラスからひとつを選んで、ホストの自宅で行われる料理教室に参加する、という流れなのですが、今回はみんながひとつの場所に集まって、ホストがつくる世界各国の料理を食べる、美味しいとこどりのイベント!応募者数800名の中から、抽選を通過したラッキーな80名が集まりました。

12805969_991068674310071_960695968982127114_n

料理

インドネシア、タイ、インド、トルコ、ポーランド、ハンガリー、ドイツ、メキシコ、全8ヵ国の料理が、会場のあちらこちらに並びました。
朝ごはんを食べていなかったので、会場に入った瞬間から胃袋を刺激してきたスパイシーなガパオのにおいに誘われつつも、まずは胃に優しそうなドイツ料理からスタート。こだわりの天然酵母ライ麦パンとプレッツェルパン、レンズ豆の煮込みをいただきました。レンズ豆の煮込みには、ソーセージやベーコンなどドイツならではの食材もたっぷり入っていて、身体温まる朝食の味噌汁ポジション。聞いてみると、作り方は意外と簡単。材料を切って、とにかく煮込むだけ。隠し味に赤ワインとお酢を入れるのがおいしさの秘訣!だそうです。ライ麦パンは、程よい酸味で食べやすく、今まで出会ったホームベーカリーの中では断トツのプロ感。「おいしい!すごい!」と、少ないボキャブラリーで、食べたときの感動をホストに伝えようとしながら食べていると、近くにいた女性が、「ハンガリーのレバーパテをつけるとおいしいですよ!」と、耳寄りな情報をくれました。さっそく試食。ドイツのパン×ハンガリーのレバーパテは、ご想像通り、めちゃうま。普段のクラスでは、どこかひとつの国の料理を作って食べるので、二か国コラボ料理を味わえるのは、今回のイベントならではの楽しみ方のひとつでした。

tadaku1
tadaku-03

その後も、時間をかけて各国のブースをまわりました。食べて、話して、もう食べれないと言っているそばからつまみ食い。ずっと食べたかったガパオはもちろんのこと、「チキンレタスラップ」という初めて目にするタイの家庭料理もいただきました。チキンをレタスで巻いて食べる料理、、、上手く言葉では表現できないのですが、おかわりするくらいおいしく爽やかな気分になる料理でした。他にも、ポーランドの餃子や、メキシコのタコス、ハンガリーのトマトソース&パスタなどなど、知っている料理も、そうでない料理も、いろんな世界の味を堪能しました。
12512443_991066787643593_7053992172992596178_n
ホストの方たちも、個性豊かで、フレンドリー。
tadaku4
MOVを飛び出して、世界旅行に来たみたい!な時間でした。Gochiso-sama!!

Sugiyama

コメントを残す